余命6カ月を医師につげられましたが、どうすれば?


 生命保険の証券を確認して、特約欄にリビング・ニーズ特約または特定疾病保障特約という生存給付特約がついていたかをチェックしましょう。


1.リビング・ニーズ特約 :
 余命6カ月以内と医師から診断された場合に、生命保険の死亡保険金の全部または一部を生前に受け取る事ができる特約です。保険料の負担はないのですが、保険契約書の特約の欄に記載されていれば適用できます。医師の診断書をもらい、保険会社の担当者に相談しましょう。なお、6か月経って健在だとしても保険金をさし戻したりすることはありません。

★次は、特定疾病保障特約について説明します。
まだ続きがあります>>



 閲覧頂いているコンテンツと類似・派生の案件について、豊富にコンテンツを用意しています。ぜひ!検索バー、アイコンをご利用下さい。きっと、お探しのものが見つかりますよ。

Loading