人生はいつ、何度でもやり直せますか?リスタートできますか?


 人生は、いつ、何度でもやり直せます!
 つきなみな回答かもしれません。結論は「できる!」、それだけです。
 資格取得、起業、独立、開業、作家活動、スポーツ大会参加、、、などで、「遅咲き」した、「返り咲き」した人は数えきれない位、いっぱいいます。
 資格取得やスポーツ大会の結果発表には、「最年長○○者」といった発表項目があり、その人の元気さに毎度驚かされます。仕事を引退して、新しい趣味を始めたら、異性の友人までできた、なんて素敵な話もよくききます。
 職場で苦しい状況におかれ再起をはかる、または、復職や転職を試みる、これも素晴らしいことです。一度別れた夫婦が復縁したという例だってあります。
 興味と熱意があれば、なんだっていいんです。何歳からでもいいんです。何度でもやり直したっていいんです!あなたの情熱を拒むような法律はなにひとつありません。やりたいことをやりましょう。自分のためにも、家族のためにも、そして、元気な日本のためにもです。

 、、、そうとわかっていても、このページに来て頂いた方は、おそらく、何らかの悩みや不安があって来られたことでしょう。もしかしたら、以下のいずれかがきっかけで、悩まれたのではないでしょうか?
(A)これまでの人生(履歴書など)を赤の他人に否定された
(B)これからやってみようとしている事(夢や目標)を赤の他人に否定された
(C)これからやってみようとしている事にいまひとつ自信が無い
 などが考えられます。サイト制作者である私にも覚えがあります、、、。しかし、これらは「完全に無視して問題ない」、「忘れてしまってよい」ことです。これは、どういうことでしょうか?


<否定派の赤の他人は完全無視で良い>
 上記(A)、(B)のケースの場合、単なる誹謗中傷の場合が多いので、完全に無視して下さい。
 世の中にはいろんな人がいます。善い人、性格の良い人もいる一方で、タチの悪い人も残念ながらいます。さらに、後者の中には、「なにかと否定したがる人」というのが、必ずいます。そういった人の心理分析をしてみましょう。

<否定派人間の心理分析>
 ・陰口など以外にも、ネットにまで誹謗中傷するタイプ
 ・これといった成功体験がなく、あなたの成功をねたんでいる
 ・嫉妬心が強く、心はこどもの未成熟者(おとななら、成功を共に喜んでくれます)
 ・頭がわるい(要領もわるく、成功へのアプローチがわからない)
 ・前向きな努力を嫌う
 ・実力が無く、他者を引きずり落とすことで、自分の立場を相対的に上げようとしている
 ・批判的、閉鎖的、虚無的、非生産的な無産市民
 ・評論家気取りで、実務家としての意識が薄い
 ・「できない」理由を並べるのに情熱を燃やす人
 ・基本的にヒマであり、他者が苦しんでいるのを見るのが好き
 ・すでに破滅的人生を送っていて、混沌を好む
 ・死んだ魚の目をしていて、今後、自分には成功は絶対にないと思っている
 ・一緒に脱落してくれる人を誘っている人間

 といったことが考えられます。そういった厭らしい人間の意見は、わずかでも聞いてはいけません。あなたも引きずりこまれてしまいます。無視するのがベストです。できれば交友なども絶ちたい相手です。完全無視が厳しい状況であれば、相手の眼だけしっかり見て、「かわいそうな人だ。どうか、よき人生を。」と思ってあげて下さい。

<例外・話を聴くべき相手もいます!>
 氏素性、経歴、実績など重要な個人情報がわかっているあなたの関係者で、真剣な目をして訴えてきたら、ひとまず50%は聞いてみましょう。例えば、「親」、「兄弟」、「子」、「直接の上司・部下」、「恩師と呼べる人」からの必死の説得・指摘です。大抵の場合、客観的評価と親身になった上でのアドバイスができていることが多いです。否定され、いやな思いをしたとしても聞くべきです。
 但し、100%聞いて、そのまま実践というのもどうかという場合もあります。アドバイス側の読みが、結果的に誤りにつながる場合もありえます。例えば、大きな決断(起業や資格取得など)をしていれば、成功していたのに、アドバイスに従って小さな決断(結局なにもしない・変えないなど)に替えたら失敗したということがよくあるからです。

★人生をやり直す上で、(家族等の意見は例外として、)他者評価なんかはどうでもよいのです。問題は(C)の自己評価です。
まだ続きがあります>>



 閲覧頂いているコンテンツと類似・派生の案件について、豊富にコンテンツを用意しています。ぜひ!検索バー、アイコンをご利用下さい。きっと、お探しのものが見つかりますよ。

Loading