花粉症で鼻水・目のしぱつきがひどいです。低コストで、どうにかなりませんか?


 サイト制作者も悩んでいました。そのつら〜いお気持ちわかります。
 花粉症にお悩みのあなたに、私の花粉症が大幅に改善した方法をレビューなども込めて説明したいと思います。但し、当サイトは「ファイナンシャルプランニング」のサイトですから、花粉症の改善に加え、医者いらずの「低コストな方法」であることにこだわりたいと思います。

<応急処置>
 鼻水や目のしぱつきなどが発生した時点から、できるだけ早く対処する方法を説明します。

1.鼻水を止めたい! :
 私の場合、小林製薬「ハナノア」を利用しました。いわゆる「鼻うがい」です。鼻全体を注入液で洗います。とってもスーっとしますよ。花粉症だけでなく、ハウスダスト、ペット(イヌ・ネコ)、黄砂によるアレルギーにも効果がありました。
 注入液は、簡単にいうと、精製水ベースの「食塩水」です。体液に近いのでしみたり・痛くなったりしませんでした。精製水ですから、水の質による雑菌の心配がありませんね。
 薬局なら確実に売ってますが、この前、「ビバホーム」などのホームセンター(薬局ではないところ)でも買えました。600円前後で売ってます。
 20mLつかうよう用法の指示がありましたが、私はケチって5mL程度でつかってます。1日1回でも充分効果あります。以上のように、鼻水を止めるのにたいへん役立ちます。


2.目がしぱつく! :
 私の場合、小林製薬「アイボンAL」を利用しました。単なる目薬ではなく、カップに洗浄液をためて、大量の液で目の汚れなどを洗い流す製品です。その中でも「AL」は花粉症処置のため、抗炎症剤が増強されたタイプのようです。真っ赤になった目でしたが、数分後、充血がとれました。また、花粉症独特の涙が止まらない症状もひいてくれました。
 「アイボン」シリーズは他にもタイプが色々あります。私はPCやら、電卓やら、書面やらで、もともと目をかなり酷使するタイプなため、「アイボンWビタミン」を好んで、毎日使ってます。主に薬局で、700円前後で売ってます。

3.のどがイガイガする!&気持ちがへこむ↓ :
 私の場合、マグカップに熱湯を注いで、吸っています。原始的な方法ですが、安くて、イガイガに効く方法です。鼻や目にも当然効果大です。「電動加湿機」や「電動吸入器」などの家電商品は、初期投資とランニングコスト(電気代)がかかるため、FPである私はおすすめしてません。
 そして、これを応用して、様々な液体で試せます。「緑茶」なんかカテキンが入っているので、カゼのような症状にも有効です。「生姜(しょうが)湯」、「ハーブティー」もとてもいいです。そのまま飲めますし、飽きたら次の飲みものに代えればいいということです。
 熱湯に「アロマオイル」を一滴だけ垂らして吸うという方法もあります。こちらは絶対に飲んではいけません。しかし、かなりいい匂いですので、花粉症などでへこんだ気持ちをラク〜にしてくれます。私は「グレープフルーツ」のエッセンシャルオイルを好んで使っています。なお、「100均」のは溶剤臭がひどくて、気持ち悪くなり、使えませんでした。売り場のテスターで「気持ちいい」「気持ち悪い」で素直に選ぶと良いでしょう。

4.花粉症の全てをなんとかしたい! :
 つきなみですが、「お風呂につかる」のが一番です。体全体についた花粉をすべて撲滅しましょう。お風呂に入る前に、上の1.〜3.をやっておくとより強力な効果があります。38〜40℃位の比較的ぬるめのお湯に長〜くつかります。アレルギーが慢性化すると、脳の方でクセになってしまうみたいですが、長風呂でそのクセから解放されます。もちろん、気持ちもラクになりますし、肩こりなんかお持ちなら他の持病などにも効果大です。
ぬるめの長風呂、ききます。

 これらを私は花粉症の応急処置としています。さすがにこれだけやればたいていの花粉症の症状は改善されます。

★花粉症の応急処置は以上です。次に、「予防策」・「なりにくくする手段」について説明します。
まだ続きがあります>>



 閲覧頂いているコンテンツと類似・派生の案件について、豊富にコンテンツを用意しています。ぜひ!検索バー、アイコンをご利用下さい。きっと、お探しのものが見つかりますよ。

Loading