気軽にできる節電方法ありませんか?

 震災・原発事故後の原発ストップの影響などで、電力会社からの電気料金が、法人だけでなく個人世帯でも高くなることが決まり、家計にダメージを与えています。ここは、FPとして家計を少しでもお助けすべく、画期的な電気代の節約方法を紹介したいと思います。
 とは言っても、数百万円の初期投資をしたり、ガマン大会のような気合いの入った節電ではありませんよ。初期投資が高すぎると電気料金では投下額を回収しにくいですし、また、電気は一切つかわないぞ!のような、つら〜いのは体力的に続きません。
 数千円程度の初期投資やそもそもランニングコストはタダといった、ちゃんと電子機器をつかいながら、ゆる〜く電気代だけをうまいことカットする方法を紹介します!

 <簡単・ラクちん、太陽光システム
 最近、パナソニックから、自宅の窓際に置いておくだけで、充電池を満充電にできる電気製品が発売されました。

 Panasonic コンパクトソーラーライト
 品番 : BG−BL01
 充電 : 太陽光発電又はUSB充電
 蓄電 : エボルタやエネループ等の充電池、容量1900mAh、2本
 直流出力 : USB−A端子DC5V又は取り出して単三電池として利用
 光源 : 白色LED(強・弱の2段階調光)
 ケーズ、ヤマダ、ビックカメラなど大手家電量販店で、現在4千円程度で購入できます。

 すぐれものです。南側の窓の窓際に置いておくだけで、2日程度で単三充電池が満充電になります。満充電になった充電池をとりだし、単三電池対応機器で利用できます。また、取り出さずに、USB充電もできます。もちろん、太陽光発電の最中にUSB充電もできます!

 一例として、以下、組み合わせを紹介したいと思います。

・基本は、LEDライトとして、電気代タダで使います。PCの脇に、勉強時に、枕元にライトスタンドとして使いましょう。電気代の掛かる部屋の明かりを消して、当製品をつけた場合、部屋のすみずみまでとはいきませんが、手もと・足もとは充分明るいです。本の文字を読む分にはこれだけでも充分でしょう。
・スマートフォンや3Gケータイをタダで充電しながら、太陽光発電で充電池も充電。
・mp3プレイヤーを無料充電しつつ歌を聴きながら、太陽光発電で充電池も充電。夜なら、電気代の掛かる部屋の電気は消して、無料のLEDスタンドをだけを点灯して、ムーディーに歌を聴くのはいかがでしょう。
・TVの深夜番組を見るとき、部屋の明かりを消して観てませんか?「てんかん」という病気のもとになるため危険ですが、照明代タダの当製品のLEDをつけておけば少し安心です。
・充電池利用でLEDセンサーライト(ELPA社製:PM−L255 量販店で千円程度)を設置。階段やトイレなどの照明電気代がかからなくなる。さらに、ハンディライトとして持ち出しもできるすぐれものです。
・携帯ラジオやマグライト等に電池を利用し、非常袋ともワンセットで、いつかまた来る災害を乗り切る!
・ストラップが付けられますので、ウォーキングや旅行にも有効利用。晴れた日は歩きながら充電できるというような内容がカタログにも書いてます。これで出先でも電気に困らない。

 、、、と、USBか単三電池の電子機器なら何にでも応用できます。クーラー、ドライヤー、電子レンジなどの熱源としての利用は厳しいですが、それ以外の小型の電子機器ならたいていのものは賄えます。

 電気機器のランニングコストゼロを目指しましょう!!



























最終改訂2013/2/6

著作権者 2011- T.DMY