キャッシュ・イン・フローとキャッシュ・アウト・フローがよくわからないのですが?


 実務上は、キャッシュフロー計算書を作成したり、財務分析したりするのに使う概念ですね。公認会計士試験や税理士試験(簿記論)でも「仕訳の推定」や「勘定の復元」、「順進推定」、「逆進推定」として頻繁に出題されます。日商簿記でも1級なら稀に出題されています。
 キャッシュ・イン・フロー(CIF)とキャシュ・アウト・フロー(COF)、あれ?借方?貸方?、仕訳はどうなる?、、、と、頭がごちゃごちゃになって、貸借逆に書いて、計算ミス(ケアレスミス)しそうですよね?
 CIFはその名の通り「資金の流入」で、COFはその逆の「資金の流出」です。「キャッシュ=お金」、「フロー=流れ」です。単純には以下のように暗記しておくと、よいでしょう。

 CIF・イン・お金の流入 → 資産の減少・負債の増加 → 仕訳では「借方」にくる

 COF・アウト・お金の流出 → 資産の増加・負債の減少 → 仕訳では「貸方」にくる


 もしかしたら、まだごちゃごちゃするかもしれません。それならば、COFの負債減少にだけ着目して、これだけ暗記しましょう。「借金を返したら、お金が減る」=「COF・負債減少」なわけですから、他のはその逆の関係で導けばどうでしょう。
 よって、借金が増えたら、借金が減ったCOFの逆ですから、CIFだなとなるわけです。
 あるいは、資産が減ったら、借金が減ったCOFの逆ですから、CIFなわけです。
 そして、資産が増えたら、借金が減ったCOFの逆の逆ですから、COFなのです。
 こんな感じで、1個覚えておけば、導けますね。公認会計士や税理士試験、FPの試験で出ても導けますし、反復練習で知らないうちに暗記できますよ。

<例題>
 「当社の借入金は、期首100千円であったが、期末には80千円であった。」さて、C/Fはどうなるでしょう?

答) △20千円

アプローチ)
負債が減っていますね。上記解説でいくと、「借金返したらお金が減った」ですから、お金の流出・COF(貸方)であることがわかります。
なお、キャッシュフロー計算書では、マイナス表記(−または△表記)することになります。

★さらにわかりやすい方法を練習問題などをふまえて紹介したいと思います、、、
まだ続きがあります>>



 閲覧頂いているコンテンツと類似・派生の案件について、豊富にコンテンツを用意しています。ぜひ!検索バー、アイコンをご利用下さい。きっと、お探しのものが見つかりますよ。

Loading