ステークホルダーは実に様々です。現在の日本の会計観としては、その中でも「投資家」を最重要視しています。よって、ケイツネや当期純利益が重んじられるわけです。他にも、債権者(銀行など)、取引先(得意先、仕入先)、税務署、経営者・経理部、従業員、就職希望者などで、それぞれ財務諸表の見方や期待する点が立場によって異なります。IFRSアドプションで、さらに拡大するでしょう。

























【おすすめ】あなたへのおすすめ・厳選事例はこちら↓

【8】会計/経理/財務諸表論/簿記論/日商簿記/仕訳/記帳

●下のカテゴリー・アイコンからもどうぞ ↓


・役に立った
・このままでいい
・まずまずだ


・役に立たなかった
・加筆・修正した方がいい
・とにかくダメだ

お願いします!
   事例の追加・修正や品質向上のため、あなたからのこのページに対する評価をお願い申し上げます。時間は5秒もしません。お帰りの前にひとつ、これも何かの縁と思って、どうか清き一票をお願い致します!もちろん、評価後も続けて検索できますよ。

  ★まとめ
 損益計算書の各利益毎にそれを重要視する様々なステークホルダー存在するのです。中でも、日本の会計は「投資家」を最重要視しているといえるでしょう。
<<前ページへ戻る

最終改訂2013/2/6

著作権者 2011- T.DMY