仕事に集中でき、作業能率を上げれる方法はありませんか?

 さて、午後から、残業からもがんばりましょう!

 仕事の能率を上げる方法を紹介します。

●10分仮眠
 しゃきっとしますよ。特に昼食後が有効です。うとうとした状態で仕事を続けるよりよっぽど作業効率が上がります。気分がすぐれないときにも有効です。
 仮眠室があれば一番ですが、なくとも椅子を3つならべて寝てみましょう。そしてチャイムとともに起きるのです。但し、寝すぎは色んな意味でNGですよ。

●ガムをかむ
 集中できます。大リーガーもバッターボックスでガムをかんでますよね。仮眠と合わせるとより集中できます。キシリトール入りなら、虫歯予防にも良さそうです。

●体操する
 背伸びとスクワットをすると集中できますし、肩コリや腰痛も緩和します。

●糖分をとる
 チョコなどの甘いお菓子はもちろん、ごはん(お米)も脳の栄養となるそうです。

●コーヒーを飲む
 PCを使う人、理系の人はよりおすすめです。カフェインで計算能力アップさせましょう。

●指の先を爪を立ててつねる
 手の指を、逆の手の指を使って、爪を立ててつねります。ちょっと痛いくらいがいいでしょう。末梢神経を刺激して、集中・ボケ防止し、さらに腱鞘炎も防止しましょう。

●イメージする
 仕事や学習に飽きを感じたら、あなたの想像ワールドへ。時給には影響しないので、トリップしてみましょう。意識が戻ったら結構集中できる状態になっているはず。

●無理にでも笑顔を作ってみる
 向かいのデスクの人は気持ち悪がるかもしれませんが、にーっと笑顔を作ってみましょう。疲れや肩こりなどの痛みがやわらぎ、集中力が少しもどってきますよ。

●休憩して誰かと話す
 結局は、これが一番有効です。休憩が取れそうなら、同僚をさそうのも良いかもしれません。

























【おすすめ】あなたへのおすすめ・厳選事例はこちら↓

【7】ビジネス/経営/会社運営/組織/営業/品質管理/R&D/CSS/SCM/

●下のカテゴリー・アイコンからもどうぞ ↓


・役に立った
・このままでいい
・まずまずだ


・役に立たなかった
・加筆・修正した方がいい
・とにかくダメだ

お願いします!
   事例の追加・修正や品質向上のため、あなたからのこのページに対する評価をお願い申し上げます。時間は5秒もしません。お帰りの前にひとつ、これも何かの縁と思って、どうか清き一票をお願い致します!もちろん、評価後も続けて検索できますよ。

最終改訂2013/2/6

著作権者 2011- T.DMY