父の資産2億円・負債2千万円を母・妹・私の3人で相続します。相続税の試算をして頂けませんか?

 遺言状、生前贈与や財産放棄などで試算はより複雑化していきます。基本的に相続税は税理士にお任せするのがよいでしょう。

 それでは試算してみましょう。

●ステップ1 : 資産から、非課税財産(今回はなしとする)と負債差し引きます。

 資産 20,000 万円− 非課税財産 0 万円 − 負債 2,000 万円 = 18,000万円・・・(A)

●ステップ2 : 基礎控除額を差し引きます。基礎控除額とは 5,000 万円に法定相続人の数に応じた金額を加算したものです。

 5,000 万円 + 1,000 万円 × 法定相続人 3 人 = 基礎控除額 8,000 万円・・・(B)

 (A)−(B)= 課税遺産総額 10,000 万円・・・(C)

●ステップ3 : 相続税総額を求めます。各人の配分に応じ、相続税の税率速算表という申請書付随の一覧表から税率と控除額を適用して税額を求め、全員分合算したものが相続税総額となります。

・母 (C)× 1 / 2 × 20 % − 200 万円 = 800 万円・・・(D)
・妹 (C)× 1 / 4 × 15 % − 50 万円 = 325 万円・・・(E)
・私 (注)妹と同様 325 万円・・・(F)
・(E)+(D)+(F)= 相続税総額 1,450 万円・・・(G)

●ステップ4 : 各人の税額を求めます。相続税総額を各人の実際の取得額で按分して配分します。今回は相続放棄している人がいないので、単純に母1/2、子1/4でOKです。

・母 (G)× 1 / 2 = 725 万円
・妹 (G)× 1 / 4 = 362.5 万円
・私 (注)妹と同様 362.5 万円

 以上のように試算されます。

























【おすすめ】あなたへのおすすめ・厳選事例はこちら↓

【6】相続/贈与/事業承継/相続税/贈与税

●下のカテゴリー・アイコンからもどうぞ ↓


・役に立った
・このままでいい
・まずまずだ


・役に立たなかった
・加筆・修正した方がいい
・とにかくダメだ

お願いします!
   事例の追加・修正や品質向上のため、あなたからのこのページに対する評価をお願い申し上げます。時間は5秒もしません。お帰りの前にひとつ、これも何かの縁と思って、どうか清き一票をお願い致します!もちろん、評価後も続けて検索できますよ。

最終改訂2013/2/6

著作権者 2011- T.DMY