相続財産に負債があり、かなりの額なのですがどうしたら?

 相続開始後3か月以上経つと自動的に単純承認となります。税金も相続税で課税されます。その際、受け継ぐ負債は相続税の債務控除の対象とはなりますが、負債を切り捨てておきたいのなら早めに限定承認や相続放棄した方がよいでしょう。

 負債が巨額で相続にメリットがないと思える場合、限定承認と相続放棄があります。

1.限定承認 : 資産相当額分だけ負債を相続します。これにより、資産以上の負債分は相続しないものとされ、切り捨てることが可能となります。被相続人の死亡後最期の所得税計算で、みなし譲渡として時価課税されます。なお、資産分が残ったなら、その分相続人が相続することとなり、相続税が課税されます。但し、適用には相続人全員が共同して限定承認の適用をすることが求められます。

2.相続放棄 : 相続対象の資産も債務も一切相続しないとするもので、単独でも受けられます。但し、相続人でなかったとみなされますから、法定相続人の数にカウントされなくなり、相続税の非課税限度額を下げる事になります。

 なお、これらは相続の開始を知った日から3カ月以内に家庭裁判所に申述する必要があり、早めの対応が必要となります。

























【おすすめ】あなたへのおすすめ・厳選事例はこちら↓

【6】相続/贈与/事業承継/相続税/贈与税

●下のカテゴリー・アイコンからもどうぞ ↓


・役に立った
・このままでいい
・まずまずだ


・役に立たなかった
・加筆・修正した方がいい
・とにかくダメだ

お願いします!
   事例の追加・修正や品質向上のため、あなたからのこのページに対する評価をお願い申し上げます。時間は5秒もしません。お帰りの前にひとつ、これも何かの縁と思って、どうか清き一票をお願い致します!もちろん、評価後も続けて検索できますよ。

最終改訂2013/2/6

著作権者 2011- T.DMY