父から受け継いだ土地(市街地)がありますが、更地のままで、固定資産税だけ払い続けているのですが?

 それはもったいないですね。土地を保有しているだけでは、固定資産税を払い続けるだけであり、負債の支払利息と同様となってしまいます。不動産の有効活用は様々ありますので、以下参考下さい。

不動産開発業者に委託する : 不動産開発業者、すなわちディベロッパーに事業受託方式で、企画から運営まで一括して土地活用を委託し、賃料を受け取るというものがあります。不動産活用の専門知識は不要です。但し、ディベロッパーへのマージン、報酬などが差し引かれます。賃貸マンションなどが建つかもしれません。

借地とする : 近所の宅建にお願いし、借地として提供することで、借地権使用料を受け取る方法があります。店舗などが建つかもしれません。

駐車場フランチャイズのオーナーになる : 都心部で主にみかける、数分単位で料金をとる無人式駐車場です。フランチャイズ契約で運営し、一定のマージンを払います。初めからブランドがあり、ノウハウや機械を借りれる点は魅力ありです。

 上記は一例で、土地の有効活用はまだまだあるはずです。まずは、最低限、固定資産税垂れ流しの状況だけなんとかしましょう。

 なお、面倒であれば、いっそのこと売却するのも手かもしれませんね。

























【おすすめ】あなたへのおすすめ・厳選事例はこちら↓

【5】不動産/土地/建物/登記/建築基準法/固定資産税

●下のカテゴリー・アイコンからもどうぞ ↓


・役に立った
・このままでいい
・まずまずだ


・役に立たなかった
・加筆・修正した方がいい
・とにかくダメだ

お願いします!
   事例の追加・修正や品質向上のため、あなたからのこのページに対する評価をお願い申し上げます。時間は5秒もしません。お帰りの前にひとつ、これも何かの縁と思って、どうか清き一票をお願い致します!もちろん、評価後も続けて検索できますよ。

最終改訂2013/2/6

著作権者 2011- T.DMY