宅地 100 平米に一軒家を建てようと思います。建ぺい率 60%、容積率 200% とありますが、どういう意味ですか?


 建ぺい率、容積率は用途地域毎に法定された係数です。敷地の面積に乗じることで、家を造る上で重要な以下2つが決まります。

●建築面積が決まる

 建築面積とは、上空から投影した場合の建物の輪郭(家屋の平面図の最大輪郭)によってできる面積で、法律上の許容面積です。一般的に、建物1階の許容面積として用いられます。今回の場合の計算は次の通りです。

 敷地面積 100 平米 × 建ぺい率 60 % = 建築面積 60 平米

 つまり、上から見て 60 平米以内の輪郭になる様な家なら建てて良いということです。1坪 3.3平米ですから、約18坪(36畳)以内の1F平面を考えようということになります。なお、敷地も含め、この通り一軒家を建てたら、郊外型のやや大きめの家ができそうですね。

 なお、耐火建築物や角地だと建ぺい率に10%加算でき、さらに少し広い家が作れます。


●延べ床面積が決まる

 延べ床面積(総床面積)とは、家の全ての階の面積の合計で、法律上の許容面積です。今回の場合の計算は次の通りです。

 敷地面積 100 平米 × 容積率 200 % = 延べ床面積 200 平米

 つまり、総面積 200 平米以内なら建てられるということです。建築面積 60 平米通りに上階までつくるなら、3階建てまでは作れそうですね(日照権や固定資産税など一切無視)。


★土地の購入・一軒家の建築では、他にも法律上、気をつけておきたいことがあります。
まだ続きがあります>>



 閲覧頂いているコンテンツと類似・派生の案件について、豊富にコンテンツを用意しています。ぜひ!検索バー、アイコンをご利用下さい。きっと、お探しのものが見つかりますよ。

Loading