不動産の評価価格がいくつかあって、よくわからないのですが?

 実際の取引は、上記一物四価を目安とはしますが、「実勢価格」つまり購買市場の時価で行われたり、また、身内や友人への低額譲渡で行われる等、土地の評価は実に様々です。デューデリジェンスといって様々な角度から土地を再評価することが大事で、不動産鑑定士による評価なども有効でしょう。

 同一の不動産でも、指標となる価格は主に4つあり、「一物四価」とも言われ、土地取引の指標や、税金計算上の資産評価額である課税標準として利用されています。

1.公示価格 : 土地の売買取引の指標として利用されます。毎年1月1日を基準として、3月下旬に国土交通省が公表します。市町村役場でだれでも閲覧できますし、日刊新聞などでも記載されたりしています。

2.基準地標準価格 : 公示価格のフォローとして利用されます。毎年7月1日を基準として、9月下旬に都道府県が公表します。所轄の市町村役場でだれでも閲覧できます。

3.路線価 : 相続税・贈与税の課税標準で、公示価格の約8割の額です。毎年1月1日を基準として、7月上旬に国税庁が公表します。所轄税務署でだれでも閲覧できますし、日刊新聞などでも記載されたりしています。

4.固定資産税評価額 : 固定資産税・登録免許税・不動産取得税の課税標準で、公示価格の約7割の額です。3年ごとに1月1日に再評価され、4月頃に市町村が決定します。市町村役場で物件所有者がその方の物件の縦覧をすることができますが、他人の物件のは閲覧できません。

























【おすすめ】あなたへのおすすめ・厳選事例はこちら↓

【5】不動産/土地/建物/登記/建築基準法/固定資産税

●下のカテゴリー・アイコンからもどうぞ ↓


・役に立った
・このままでいい
・まずまずだ


・役に立たなかった
・加筆・修正した方がいい
・とにかくダメだ

お願いします!
   事例の追加・修正や品質向上のため、あなたからのこのページに対する評価をお願い申し上げます。時間は5秒もしません。お帰りの前にひとつ、これも何かの縁と思って、どうか清き一票をお願い致します!もちろん、評価後も続けて検索できますよ。

最終改訂2013/2/6

著作権者 2011- T.DMY