別荘が震災で損壊しました。なにか救済措置ありませんか?

 別荘を売却したら損したようなケースはこれに当たらず、損益通算できないという原則があてられます。つまり、単に損して救済なしということです。

 別荘のような「生活に通常必要でない資産」であっても、災害、盗難、横領によって損失が生じた場合は、一定の救済措置があります。

●ステップ1 : 内部通算後の総短、総長から順次、その別荘の損失額(簿価ベース)を控除します。通常、総合と分離の損益通算はできませんが、特例として認められたということです。

●ステップ2 : まだ損失が残るなら、1年だけ繰り越す事ができ、翌年分の譲渡所得からステップ1同様に控除して、救済措置は終了です。雑損失の繰越控除に類似していますね。

 別荘のほかに、趣味で飼っている競走馬やクルーザーなどが該当します。

























【おすすめ】あなたへのおすすめ・厳選事例はこちら↓

【4】税金/タックスプランニング/所得税/確定申告/青色申告/住民税

●下のカテゴリー・アイコンからもどうぞ ↓


・役に立った
・このままでいい
・まずまずだ


・役に立たなかった
・加筆・修正した方がいい
・とにかくダメだ

お願いします!
   事例の追加・修正や品質向上のため、あなたからのこのページに対する評価をお願い申し上げます。時間は5秒もしません。お帰りの前にひとつ、これも何かの縁と思って、どうか清き一票をお願い致します!もちろん、評価後も続けて検索できますよ。

最終改訂2013/2/6

著作権者 2011- T.DMY