家具・家電・衣服・書籍と、1個時価30万円以下の貴金属、絵画、壺をユーズドショップに売りましたが?

 これらは全て「生活に必要な資産」として譲渡所得の計算上、非課税とするものです。よって、売却時に税金が引かれる(源泉徴収)ことはありませんし、また、確定申告も不要です。

 貴金属や骨とう品類は、30万円超だと「生活に通常必要でない」とみなされ、譲渡所得として課税対象になります。この場合は確定申告が必要になります。

 また、家具家電などは、売却金額によらず非課税です。これは、家庭内で減価する資産で、取得の際支払った金額に比較して低い金額でしか売れないのがふつうですし、たまたま買った時よりも高く売れたとしても、税務署がいちいちカウントするのは煩雑であるからでしょう。

 ブックオフグループやセカスト、またはヤフオクなどで生活必需品を売っても、税金は引かれてないのはこのためです。

★ところで、1個や少数の売却だと非課税ということが分かりました。引越しなどの際、一度にまとめて売る事もありますよね?
 このような場合、大量に売ったら課税されるのでしょうか?
まだ続きがあります>>















最終改訂2013/2/6

著作権者 2011- T.DMY