型崩れ品と流行遅れの商品を破格で売りました。損失ですがなにか救済措置はないですか?

 特にありません。

 このような場合、原価を割り込んで値下げ販売せざるを得ない場合もあり、損失も生じる可能性が出てきます。

 事業の経営上の損失を補償する保険は存在しませんし、仕入先に損害賠償する例も聞きません。あとは所得税法の特例規定くらいしかありません。

 型崩れ品、流行遅れ品だけでなく、バーゲンセール、閉店セールなどやむにやまれずして行った値引き販売による場合は、所得価額相当額を大幅に下回っても、その値下げ後の金額で売り上げ計上することになります。所得税としてはありがたいのですが、当然、会計上の売り上げも低くなるので、できるだけ販売価額に近い額で売りたいものです。

























【おすすめ】あなたへのおすすめ・厳選事例はこちら↓

【4】税金/タックスプランニング/所得税/確定申告/青色申告/住民税

●下のカテゴリー・アイコンからもどうぞ ↓


・役に立った
・このままでいい
・まずまずだ


・役に立たなかった
・加筆・修正した方がいい
・とにかくダメだ

お願いします!
   事例の追加・修正や品質向上のため、あなたからのこのページに対する評価をお願い申し上げます。時間は5秒もしません。お帰りの前にひとつ、これも何かの縁と思って、どうか清き一票をお願い致します!もちろん、評価後も続けて検索できますよ。

最終改訂2013/2/6

著作権者 2011- T.DMY