今年は店の商品と裏山の木とマイカーを売ったのですが、事業所得の売上高にしていいですか?

 売却による収入計上については、所得税法上、かなり場合分けしなくてはならないため、やや難しいです。迷われたら、税理士やFPなどのプロに相談するのがよいと思います。 

 商品はOKですが、他2つはNGです。

●商品 : 本業の棚卸資産の売却は、事業所得の売上高に計上します。

●山林 : 5年以上持っている山自体の売却や、その山の木を伐採して木材を売却した場合、山林所得の総収入金額に算入します。5年未満の投機の場合は雑所得となります。この山林の保有期間5年を境に、特別控除の有無と税率の掛け方などが異なってくるわけです。

●マイカー : 自家用に限らず、営業車だとしても個人経営の場合は譲渡所得の収入金額となります。なお、下取りをしてもらった場合は、現金こそ受け取ってませんが、その下取り相当分が経済的利益とみなされ収入計上されます。

 このように単に「売った」といっても所得区分が異なってくるため、注意が必要です。

























【おすすめ】あなたへのおすすめ・厳選事例はこちら↓

【4】税金/タックスプランニング/所得税/確定申告/青色申告/住民税

●下のカテゴリー・アイコンからもどうぞ ↓


・役に立った
・このままでいい
・まずまずだ


・役に立たなかった
・加筆・修正した方がいい
・とにかくダメだ

お願いします!
   事例の追加・修正や品質向上のため、あなたからのこのページに対する評価をお願い申し上げます。時間は5秒もしません。お帰りの前にひとつ、これも何かの縁と思って、どうか清き一票をお願い致します!もちろん、評価後も続けて検索できますよ。

最終改訂2013/2/6

著作権者 2011- T.DMY