老齢厚生年金と個人年金保険の年金を受け取ってますが、確定申告は?

 個人年金保険の年金は受け取りの年に支払保険料を年数按分して経費計上し、保険料支払い時は生命保険料控除の対象となります。受け取りに対して、2回控除されています。但し、生命保険料控除は個人分5万円の限度があります。これに対して、老齢厚生年金や老齢基礎年金は、受け取りの年に公的年金等控除額が控除できる上に、現役時代に保険料として支払った年では社会保険料控除できることになっています。この場合、受け取りに対して、2回も控除されているのがわかります。前者と違い全額が控除の対象になります。年金はどちらも優遇されていますが、公的年金はより優遇されていると言えるでしょう。もちろん、若い世代の負担あっての優遇ですが、少子高齢化で果たしていつまでこのシステムがもつか心配ですね。

 ちなみに、会計では2重計上は禁止ですが、上記のように税金では2重計上に類似した1つの費用を2回控除するような項目が多々あったりします。会計と税務の決定的な違いの1つでしょう。

 老齢厚生年金と個人年金保険の年金では、公的年金とそれ以外という違いがあり、しっかり区別して計算し、最後に合算して雑所得とします。

老齢厚生年金の扱い : 雑所得のうち公的年金等の計算対象となります。老齢厚生年金の総額から、公的年金等控除額という年金総額に応じた一定の金額(確定申告書の手引きに一覧表が与えられている)を控除して、公的年金等(A)とします。

個人年金保険の年金の扱い : 雑所得のうち公的年金等以外の計算対象となります。総収入金額にその年の年金額から、その年分の保険料相当額を必要経費として計上し、公的年金等以外(B)とします。

 この公的年金等(A)と公的年金等以外(B)をまとめて雑所得(A+B)とします。

























【おすすめ】あなたへのおすすめ・厳選事例はこちら↓

【4】税金/タックスプランニング/所得税/確定申告/青色申告/住民税

●下のカテゴリー・アイコンからもどうぞ ↓


・役に立った
・このままでいい
・まずまずだ


・役に立たなかった
・加筆・修正した方がいい
・とにかくダメだ

お願いします!
   事例の追加・修正や品質向上のため、あなたからのこのページに対する評価をお願い申し上げます。時間は5秒もしません。お帰りの前にひとつ、これも何かの縁と思って、どうか清き一票をお願い致します!もちろん、評価後も続けて検索できますよ。

最終改訂2013/2/6

著作権者 2011- T.DMY