ゼロ金利ですし、ハイリスクでも投資で大きくもうけたいのですが?

 証券会社からの買付金の貸与や売付け有価証券の貸与を受けると、借入金同様支払い利息が生じます。また、信用取引で損失を出すと、証券会社の現金口座から差金損失分が差し引かれます。現金が尽きれば委託金を取り崩されることになります。

 ハイリスク・ハイリターン商品も様々あります。

信用取引 : 証券会社に委託金を預けることで、現物取引の3倍近い取引規模で売買することができます。現物と違い、主に「差金決済」という純額(損益そのもの)で決済します。現物口座とちがい、ハイリスクのため、信用取引口座開設には一定程度の投資経験が審査されます。
 信用取引は、通常の買付だけでなく、売付もできる点が特徴的で、「カラ売り」といわれるのはまさにこの売付の投資の事をいいます。つまり、下げ相場でももうけられる可能性があるという事です。投資家によっては不祥事の起きた会社や潰れそうな会社にあえて仕掛けて大きなプロフィットを狙うようです。株価推移の傾向を見ていても、上げ相場はじりじりと上げていくケースが多いのですが、いざ下げに転じると結構はやいですので、カラ売りは短期でもうける絶好の機会ともとらえられます。中には「カラ売り」に消極的・否定的な人もいますが、投資家は下げ相場ももうけられるし、企業や政府は「買い戻し」による株価上昇の恩恵を受けられるので、考えようによっては、今のご時世には最適かもしれません。カラ売りが込んでくると、ストップ安になったり、東証などからカラ売り規制がかかりますので、相場下げ要因の情報配信直後(「速報:株式会社○○で爆発が」「株式会社○○で個人情報流出」など)から、規制がかかるまでに仕掛けられるかが勝負です。あと、売り建て有価証券の貸与を受けることになるので、利息の支払いをしますから、保有期間も考慮しましょう。

その他ハイリスク商品 : 外国為替証拠金取引(FX)、先物取引、商品ファンド、オプション、ワラント、スワップ、金(きん)相場などもハイリスク・ハイリターン商品といえるでしょう。信用取引同様、専門知識が必要です。ただ、お客様の投資経験に照らしお勧めできない点もあり、ここでは紹介のみに留めたいと思います。

























【おすすめ】あなたへのおすすめ・厳選事例はこちら↓

【3】資産運用/金融/経済指標/投資/株式/配当/債券

●下のカテゴリー・アイコンからもどうぞ ↓


・役に立った
・このままでいい
・まずまずだ


・役に立たなかった
・加筆・修正した方がいい
・とにかくダメだ

お願いします!
   事例の追加・修正や品質向上のため、あなたからのこのページに対する評価をお願い申し上げます。時間は5秒もしません。お帰りの前にひとつ、これも何かの縁と思って、どうか清き一票をお願い致します!もちろん、評価後も続けて検索できますよ。

最終改訂2013/2/6

著作権者 2011- T.DMY