金融商品を購入・売却するのに決め手となる分析手法にはどんなものがありますか?

 上場企業の監査として公認会計士が財務諸表をチェックするのは、このディスクロジャーのために他ならず、投資家の意思決定有用性のためです。

 実に様々な分析手法があります。経済指標分析、ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析などが代表的です。

経済指標分析 : 主に行政機関などが発表する経済指標の推移から、全般的な投資判断のための分析手法です。エコノミストと呼ばれる専門家がテレビ番組などでよく口にする指標などを利用します。例えば、日経平均、東証株価指数、ドル円相場、GDP、CI、日銀短観、有効求人倍率、生産指数、家計消費支出などがその一部です。

ファンダメンタルズ分析 : 注目している業界の企業の財務諸表を集めて、企業間比較し、最終的には個別の企業への投資判断のための分析をする手法です。例えば、ケイツネ・当期純利益の利益を比較したり、配当性向やPER、ROEなどの投資指標を比較するのもその一部です。

テクニカル分析 : 株価などの値動きの推移そのものから、将来の値動きの推移を読み、投資判断するための分析をする方法です。例えば、ローソク足と移動平均線の動きからゴールデンクロスのタイプを見極めるとか、3羽カラス、グランビルの法則などがその一部です。

 共通するのは、一般公開された元データを自分で分析指標に加工(又はFPや証券アナリストが加工したデータを入手)し、自己責任のもと投資判断する点です。また、投資のたびに全ての指標を分析する様な事はなく、部分的に利用したり、投資家各人の勝ちパターンで分析しているようです。但し、結局のところ、どんなに綿密に分析しても結果的に損失を被る場合は多々あります。分析も数多ある根拠のごく一部にすぎません。非科学的であるはずの「勘」・「サイコロ」、精神論的な「ポリシー」・「好きか嫌いか」・「応援したい」等で決断される方も投資の世界にはいるらしいです。

 多くの投資経験をし、自分なりの投資哲学をつくりあげられるとよいかと思います。

























【おすすめ】あなたへのおすすめ・厳選事例はこちら↓

【3】資産運用/金融/経済指標/投資/株式/配当/債券

●下のカテゴリー・アイコンからもどうぞ ↓


・役に立った
・このままでいい
・まずまずだ


・役に立たなかった
・加筆・修正した方がいい
・とにかくダメだ

お願いします!
   事例の追加・修正や品質向上のため、あなたからのこのページに対する評価をお願い申し上げます。時間は5秒もしません。お帰りの前にひとつ、これも何かの縁と思って、どうか清き一票をお願い致します!もちろん、評価後も続けて検索できますよ。

最終改訂2013/2/6

著作権者 2011- T.DMY