私になにか万が一の事があったらと思うと、子ども事が心配なのですが?

 生命保険金の死亡保険金も、お子さんが受け取れば相続の対象となります。但し、相続税としては、一定の非課税枠があります。

 学資保険又はこども保険と呼ばれる保険に入るとよいでしょう。
 万が一、親が死亡又は高度障害を負われたとしたら、保険料の納付はその時点でストップしながらも、お子さんが進学祝い金満期保険金を満額受け取れます。
 これに育英年金も特約でつけると、上記に加え、お子さんに年金が支払われるので、是非加えておきたいところです。

 また、相続も大切でしょう。そのためには、普段から財産目録(預貯金、生命保険の証券、株式などの一覧)の整理をしておくとお子さんの財産引き継ぎに役立つ事でしょう。なお、お子さんへの100%相続を考えるのであれば、遺言状は特に書く必要はないでしょう。

























【おすすめ】あなたへのおすすめ・厳選事例はこちら↓

【2】保険/リスク管理/生命保険/損害保険

●下のカテゴリー・アイコンからもどうぞ ↓


・役に立った
・このままでいい
・まずまずだ


・役に立たなかった
・加筆・修正した方がいい
・とにかくダメだ

お願いします!
   事例の追加・修正や品質向上のため、あなたからのこのページに対する評価をお願い申し上げます。時間は5秒もしません。お帰りの前にひとつ、これも何かの縁と思って、どうか清き一票をお願い致します!もちろん、評価後も続けて検索できますよ。

最終改訂2013/2/6

著作権者 2011- T.DMY