保険金の未払い問題などがあり不安です。なにか指標などはないのでしょうか?


<ソルベンシー・マージン比率>
 保険会社の「格付け」と「支払い能力・余力」を示すソルベンシー・マージン比率というものが各保険会社のHPにて公開されています。この比率は一般に200%以上だと安心とされています。ただし、これはあくまで支払える・潰れないということを示す指標で、ほとんどの保険会社で大幅にクリアされています。保険金を払わないという恣意的な事象を示しているわけではありません。

 未払い問題の本質に迫りたいと思います。未払いの問題が多いのは、保険会社も上場企業である会社が多く、「営利追求」しなければならないことが要因として挙げられます。経営者も、株主から事後評価されるため、経営者の恣意性が働くのかもしれません。


 未払い問題が発覚すると日刊新聞紙などが取り上げますから、むしろマスコミやネットの情報の方が未払い保険会社を適切に抽出できるかもしれません。また、こういう内容こそ、「独立系FP」にこっそり聞くとよいかもしれません。保険募集人のFPに聞くのもありかも知れませんが、特定の保険会社の販売代行が職務ですから、契約にマイナスな情報は出にくいのではないかと考えます。

★では、生命保険会社が倒産したりしたら、保険はどうなるのでしょうか?
まだ続きがあります>>



 閲覧頂いているコンテンツと類似・派生の案件について、豊富にコンテンツを用意しています。ぜひ!検索バー、アイコンをご利用下さい。きっと、お探しのものが見つかりますよ。

Loading