保険の契約をしたのですが、やっぱりやめたいのですが?


 我々ファイナンシャルプランナーの最も得意とするところです。お任せ下さい。

1.保険会社の違反行為のあったケース :
 保険募集に際し、保険業者側が禁止行為などの違反をしていれば、消費者契約法に基づいてお客様の一存で一方的に解除できますし、金融商品販売法により大きな損失があれば損害賠償も請求することができます。なお、禁止行為とは契約の際に、虚偽の説明があったり、脅迫・立場利用して無理やり契約した様な場合を言います。既に支払った保険料はもちろん返金してもらえます。保険会社がごねた場合は、FPや弁護士などを引き連れていくと確実です。ひとりで返還請求が怖ければ、彼らに依頼するのもひとつの手段でしょう。


2.クーリングオフ制度の適用のケース :
 契約者間に特に問題なく契約した場合でも、クーリングオフにより違約金を支払うことなく、お客様の一存で一方的に解除することができます。その期限は契約締結当日から、当日含めて8日以内なら適用されます。既に支払った保険料は返金してもらえます。これについても、保険会社がごねることもありえます。FP、弁護士、司法書士など法律家を連れていくと間違いありません。

★ただし、クーリングオフが法律的にできないものもあり、少々知識武装も必要なんです。
まだ続きがあります>>



 閲覧頂いているコンテンツと類似・派生の案件について、豊富にコンテンツを用意しています。ぜひ!検索バー、アイコンをご利用下さい。きっと、お探しのものが見つかりますよ。

Loading