リタイヤしたので初めての海外旅行にいきたいのですが、どうしたらいいですか?


 長年のお勤めお疲れさまでした。リタイヤされた方にとってはこれからが第2の青春でしょう。さて、海外旅行をどうすべきかについて、以下実施すべき順に記載します。

1.パスポートをつくりましょう :
 これが無いと海外に行けません。最寄りのパスポートセンターなどで作ります。事務的な手続きの後、完成・到着まで1〜2週間かかりますから、旅行を本格的に計画する前に取得しておくとよいでしょう。なお、アメリカに入国するための「ESTA」など、パスポート以外にも、旅行以前に申請が必要なものがあったりしますから、旅行代理店に尋ねましょう。


2.旅行会社のパックプランに申し込む :
 基本的に海外旅行の初心者は、全行程添乗員付きのパック旅行がよいと思います。確かにオリジナリティと自由度には欠けますが、パック旅行の方がかえってイベントや食事の内容も充実していて、安くいける上に、セキュリティーも言語なども全ておまかせできるメリットがあります。

 なお、当サイト制作者も旅行を趣味としています。これまで、パリ、ローマ、ロンドン、ソウル、台北、グアム、そしてハワイに行ってます。やはり、皆さんにはハワイをお勧めしたいと思います。日本語も通じますし、何回行ってもいいと良く聞きます。旅行前後の話題づくりもしやすいです。当サイトにはさらに記述があります。
  海外旅行と言えば「ハワイ」と言う人が多いですが、なにがそんなにいいのですか?

3.外貨をつくる :
 都市銀行の本店(都市中心部にある)や外貨交換業者(トラベレックスなど:世界の国際空港にある)に行くと外貨をつくれます。銀行で作る場合、海外旅行用のドル紙幣のパッケージのように大きい紙幣と小さい紙幣を織り交ぜて1パックにした形式で売ってくれます。海外旅行初心者にはかなり親切に思えます。業者にたのむ場合のメリットは、外貨の小銭があまったときに日本円に換えてくれる点や、海外旅行先にも同じ業者があったりすることでしょう。大きなお金の紛失を懸念するなら、トラベラーズチェックとしておくのもよいでしょう。クレジットカードも、海外ではなおさら便利です。

★お得情報!クレジットカードに入っておくだけで、「旅行保険」がつくカード会社もあるんです。
まだ続きがあります>>



 閲覧頂いているコンテンツと類似・派生の案件について、豊富にコンテンツを用意しています。ぜひ!検索バー、アイコンをご利用下さい。きっと、お探しのものが見つかりますよ。

Loading