ゆうちょ銀行の通常貯金口座に100万円がありますが、このご時世ですし1番間違いないですよね?


 「ペイオフ(1千万円までの預貯金の元本とその利子の保護政策)」で保護されているという意味では「間違いない」ですし、仮にデフレが続くならば、相対的に資産の利用価値が高まるので、それも「間違いない」でしょう。

 ゆうちょ銀行の通常貯金の金利は 0.03 % (2013年3月6日現在)です。今はデフレで、日本国内のインフレ率はほぼ0%で推移しているので、この貯金は実質的に投資の成果(多少なりとも価値を上げることに成功した)と考えることができます。


 しかし、ハイパーインフレが来たらどうでしょうか?世界の食糧事情や人口増加をみると、海外発の物価急騰はすぐにでも日本に影響してもおかしくない状況です。金利の異常な低さを考えると、この金利で貯金し続けたのは結果的に「間違い」だったとなる恐れもあります。これはどういう事でしょう。

★先日、自民党より「インフレ政策」の発表が、、、
まだ続きがあります>>



 閲覧頂いているコンテンツと類似・派生の案件について、豊富にコンテンツを用意しています。ぜひ!検索バー、アイコンをご利用下さい。きっと、お探しのものが見つかりますよ。

Loading