引退しましたが、人生設計とマネープランをどのようにすべきでしょうか?


・リタイヤされた方 :
 65歳から老齢厚生(基礎)年金受給となります。なお、受給総額が減額されますが、早めに受け取り開始する制度もありますから、必要な方は社会保険事務所に相談しましょう。そして、病院にかかる方が増える年代ですが、年間の医療費が10万円以上かかった年は、確定申告して医療費控除を受けると、年金から源泉徴収された一部が還付されます。


 また、長生きリスクというちょっと冷たい言葉もあります様に、資産の把握と費用化の見直しが大切ですし、家のリフォーム費用の捻出、終身医療保険の加入も考慮された方がよいかもしれません。あと、財産の大きさに関わらず、相続について一定の配慮をされた方が、ご家族は安心できるというものです。万が一のために遺言状を作成する方も多いです。あとは、リタイヤ人生を趣味など悠々自適に過ごしましょう。


★リタイアされた方の相談に乗ってくれる心強い国家資格者がいます。それは、、、
まだ続きがあります>>



 閲覧頂いているコンテンツと類似・派生の案件について、豊富にコンテンツを用意しています。ぜひ!検索バー、アイコンをご利用下さい。きっと、お探しのものが見つかりますよ。

Loading